男性

健康に育成する

苗

ガーデニングを成功させるためには、丈夫な苗を見極めることが大切になります。苗はまだ発芽してから時間が経っていない、人間でいう赤ちゃんの状態です。健やかに成長してもらうためにも、最初が肝心となります。そうはいっても、苗は発芽している状態なので、種から蒔くよりも簡単ですし、育てやすいです。園芸ショップにもさまざまな種類の苗がポットが売られているので、気になる苗のポットを気軽に買うことができます。野菜や花など、目的に合わせて最適な苗を選ぶことができるはずです。値段も安いものでは数十円という低価格なので、複数の苗を買って寄せ植えを楽しむ人も多いです。

苗にはたくさんの種類がありますが、育成方法によって大きく分類されています。実生苗という種から育っている苗は、生産数が少ないためあまり出回っていないかもしれません。一般的にポピュラーな苗といえば、接ぎ木苗や挿し木苗になるといえます。特に挿し木苗は、手軽に大量につくることができるため、たくさん流通しています。しかし、挿し木苗は根が浅くなる傾向があり、長い期間育成することが難しい特徴もあります。ほかには、自然に育っている苗を利用する山引き苗という種類もあります。

苗を丈夫に育てるためには、やはりいかに適切な場所に植えるかという問題がカギとなってきます。いくらもともと強い苗であっても、場所の選定がまずければ無事に育ってはくれないでしょう。日光が適度にあたり、水はけや風通しよい環境が適しています。地面に直接植える場合は、準備期間に2週間程度は必要となります。

Copyright © 2017 花の苗はポイントを守って育てていこう|初心者でも大丈夫 All Rights Reserved.